結婚したい男性薬剤師について女性薬剤師が語る

恋愛難民になっている30代男性薬剤師の皆さんへ

当サイトにお越しいただきありがとうございます。
某調剤薬局で働く30代薬剤師(女)です。

 

ここでは、私の調剤薬局で勤務していたときに感じていた
男性薬剤師の結婚・婚活事情についてまとめています。

 

30代男性薬剤師の皆様の中で、恋愛・結婚に悩んでいる方の何かお役に立てば幸いです。

 

 

 

30代の薬剤師で彼女がいないあなたは、焦りや不安を感じているのではないでしょうか。
その時点で少し気をつけましょう。

 

 

モテる男性に必要なもの。
それは 余裕 です。

 

 

焦っているがっついている男性は、ちょっとひいてしまいます。
心は必死になっていても、あくまで表情は「冷静沈着に」です。

 

 

男性薬剤師の職場と恋愛事情

 

薬剤師の男女比を見てみると、
男性73,212名、女性142,865名、総数216,077名(平成26年厚生労働省調べ)
女性が多い職場のため、

 

「かわいい女性薬剤師に囲まれて仕事ができて羨ましいー!」
「職場恋愛もできるんじゃないの?」

 

なんて周囲の友達に言われたり、学生時代はそんなことも考えたかもしれません。

 

 

調剤薬局や病院で働いている男性薬剤師さんであれば、
現実がそんな甘優しくないことは、身をもって体感済みだと思いますが、

 

 

 

薬剤師の職場はそんな甘いものではありません。

 

 

 

もともと薬剤師の場合、ほとんどの薬学部が女性の多い学部のため、
学生時代から周りには女性がたくさんいる恵まれた環境であったはずです。

 

 

その学生時代ですら、彼女ができなかったということであれば、
社会人になってから彼女を作るとなると、ハードルはさらに上がります。

 

 

彼女がいない状態で、30代に突入している男性薬剤師は、
もうギリギリ崖っぷちに立たされているいうことも認識しておきましょう。

 

 

でも決して焦りを表面に出すことは禁物です。

 

 

「薬学部は勉強や研究室が忙しく、学生の頃から遊ぶような時間を持てなかった」
という薬剤師・恋愛不利説を理由にする男性陣もいるかもしれませんが、

 

 

「社会人になったらもっと忙しくなるに決まってるんです!」

 

 

もしくは、「忙しかったこと」を理由に
「彼女ができなかったこと」を正当化するのはやめましょう。

 

 

そして、薬剤師の職場において、職場恋愛への期待も禁物だと考えておきましょう。

 

 

 

男性薬剤師は職場恋愛を求めてはいけない

 

実際、薬剤師の職場恋愛は非常に少ないです。

 

その理由を考えたことはあるでしょうか?

 

 

 

とあるブログにこんなことが書いてありました。

 

薬剤師の職場での恋愛を考えた時に現実はなかなかそううまくいかないよ…と思っている男性薬剤師も多いのではないでしょうか。
理由としては薬剤師の世界をお互いが知りすぎているために、どうしても距離を置いてしまうことがあるようです。
年収や職場の環境を知っていると一緒にいても、まるで職場にいるかのような気がしてしまって安らげないのかもしれません。

 

 

実際は、こんな理由ではないと思います。

 

 

薬剤師は世間的には、
「給料が高い」「安定している」「頭がいい」「有資格者」
というイメージを持たれています。

 

 

なので、一般のOLさんからしてみれば、
「医者は難しいけど薬剤師なら狙えるかも」
「資格があれば、将来安泰だし親もきっと喜ぶだろうな」

 

 

なんて感じで、
資格を持っていて安定した需要のある男性薬剤師の女性ウケは悪くないものです。

 

 

一般的に女性は、「安定」を求める生き物なので、
安定した職業を連想させる「資格」を持っている男性はポイントが高いです。

 

 

女性は本能的に「守り」の生物であり、
家庭を守り子供を育てることをDNAレベルで本能的に刻みつけられています。
(最近はそうではない女性も多くいるかもしれませんが・・・)

 

 

原始時代であれば、体力があり獲物を仕留めて食糧をたくさん取れることが
男性の魅力でした。

 

原始時代の獲物を捕ってくる能力が、
今の時代は安定的にお金を家に振り込んでくれることであって、
自分達の子供を養う経済力のある男が女性にとっての魅力になるのです!

 

 

 

ということで、

 

お金を稼ぐ力が少ない女性にとっては、
男性薬剤師の「薬剤師資格」は魅力の一つに感じることは間違いいありません。

 

 

しかし、女性薬剤師の場合は、そうはなりません。

 

 

なぜなら、
稼ぐ力である「薬剤師資格」を自分でも持っている。から

 

 

同じ職場で働く女性薬剤師からしたら、
「薬剤師資格」なんて「自分も持ってますけど、何か?」的なものです。

 

まったくあなたを魅力的をアップさせるものにはならないのです。

 

 

むしろ、医者じゃくて薬剤師という中途半端さに
「なんで薬剤師なわけ?」と思ってしまうくらいかもしれません。
(人によりますが・・・)

 

 

ただ、ちょっとした例外もあって

 

薬剤師でも薬学的な専門知識がかなり豊富で、
医師からも信頼されて薬物治療の相談を受けるような
バリバリな薬剤師さんの場合は別です。

 

 

やはり「仕事ができる男性」は、女性には魅力的に映るものだし、
尊敬のまなざしが降り注ぐ可能性は大いにありです。

 

 

もしあなたがそんなバリバリ薬剤師ではなく、
それ以外のただ調剤に明け暮れるだけの薬剤師なのであれば、
そんな期待しないことをおすすめします。(女性薬剤師に対しては)

 

 

 

なので、男性薬剤師が狙うべきターゲットは同じ職場で働く女性薬剤師ではなく、

 

世間一般のOL達なのです!

 

 

男性薬剤師がターゲットとなる女性と出会うにはどうすればいいのか?

 

男性薬剤師の恋愛ターゲットは、
「同じ職場で働く女性薬剤師ではなく世間一般のOL達!」と言うと

 

 

次に思うのが、
「小さな薬局や独立した調剤薬局で、
毎日同じ人としか会わないので一般OLと出会うことがない」というです。

 

 

そんな弱きなセリフを吐いている時点で、

 

 

工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工
「彼女を作る気があるの?」

 

 

と聞きたくなっちゃうのですが・・・

 

 

 

 

待っているだけで出会えるほど、この世は甘くはあありません。

 

 

女性と出会うには、
@街でナンパする、Aコンパに出かける、B友達に紹介してもらう
何らかのアクションは必須です。

 

 

私のこれまで出会った男性薬剤師を思い返してみるに
男性薬剤師の一般的な傾向として、
「@街でナンパする」ようなタイプは極めて稀です。

 

 

草食男子の男性薬剤師同士では、
「Aコンパに出かける」、「B友達に紹介してもらう」
というのもあまりないのかもしれません。

 

 

そこでおすすめなのが

 

「婚活パーティー」

 

 

 

「薬剤師です」といって登録しておけば、
結婚に有利不利かといえば・・・、特に大きな影響はないようですw(゚ロ゚)w

 

 

中には、医師と同じくらいステイタスや年収のある職業だと
早合点する人もいるかもしれませんが、
他の職業と比べてそれくらいの違いしかありません。
(実際には、医師と比べれば年収は劣るわけだから、早めに誤解は解いておくこと!)

 

 

 

婚活パーティーの流れ

婚活パーティーでは、半個室のブースで男女が1:1で3〜5分程度フリートークをする。
 ↓
だいたい8〜15人程度の異性とフリートークしたとに、好印象だった異性の番号をチェックした用紙を集計される。
 ↓
誰が自分に好意を持ってくれているかの結果を聞いた後に、最終的にターゲットを絞り気に入った異性の番号を決める。
 ↓
相手からも気に入ってもらえればカップル成立で、アドレス交換をしたり、その後食事に行くのもあり。

 

 

なぜ男性薬剤師に婚活パーティーがおすすめなのか?

 

男性薬剤師の多くは、いたって草食系男子が多い傾向があります。

 

 

とても残念なことですが、大勢のワイワイした中に入ってしまうと
あまりに薄い印象のために存在が消されてしまうことが多く散見されます。
(完全なアウェイ状態)

 

 

そのため、女性と1:1で話せる空間を作ることが、
男性薬剤師がホーム状態で戦うためには非常に重要なのだと思うのです。

 

 

それにプラスして、婚活パーティーでは、
半個室で次から次へと女性と話すことができる特殊空間です。

 

 

いつも根暗な男性薬剤師でも、
一か八かで明るく振舞ってみたり、悪ぶってみたり、たまには甘えん坊キャラを出してみたり、
新キャラにチャレンジすることができるのも、婚活パーティーならでは。。

 

 

コンパなど多くの知り合いがいる中で、
いきなりキャラ変更すると、周りからドン引きされる可能性があるけれど、

 

婚活パーティーであれば初めて会った女性なので、

 

 

「あなたがどんなキャラでも、『こんな人なんだ…』と思うだけ」
「(カップルが成立しなければ)今後も会うことがない」

 

 

このような理由から、
いつもと違うキャラでデビューしても非常にリスクが低いのです(゚∀゚ノノ゙パチパチパチパ

 

 

ここで、いろんなキャラをデビューさせてみて、
うまく自分のキャラを見つけてみてはどうですか?

 

 

30代男性薬剤師におすすめの婚活パーティー

 

「婚活パーティー・お見合いパーティー」をインターネットで検索してみると
50万件以上の検索結果が出てきます。

 

この中から、30代男性薬剤師におすすめの婚活パーティーを2つ教えるので、
今すぐレッツ申込!!ポチっ!ポチっ!

 

 

 

「まずはお付き合いから…」
 30代前半の男性薬剤師におすすめ「PARTY☆PARTY」

 

 

 

 

 

会員数2万人、月間動員数5000人以上の業界大手

しょぼい婚活パーティーの場合、女性の参加者が少なく、
フリートーク時間に待ちぼうけをくらわされることがあります。
同じ金額を払っているのに、それは非常にもったいないし、損してしまいます。
業界大手の人気の婚活パーティーであれば、
そういった心配がないので無駄うちしなくて済む安心感が◎

 

 

本人確認が徹底されていることで安心して参加できるのがポイント

婚活パーティーで気をつけなければいけないのは、サクラの存在です。
フリートークで話で盛り上がったと思ったら、
サクラだったという残念な事例が少なくありません。
ただでさえ、おとなしい草食系男子の男性薬剤師は、
そんな仕打ちを受けるリスクはできる限り排除しておきましょう。

 

 

IBJが運営していることもあり参加者の質も高い

遊び目的なら、参加者のレベルは問わなくてもいいだろう。
しかし、結婚も視野に入れた場合、女性の質はかなり重要になる。
最低限のことはクリアしておいた方が、無駄な時間を使わなくて済むのである。

 

⇒まずはポチっと「PARTY☆PARTY」

 

 

 

 

「結婚前提に考えるなら!」
 30代後半男性薬剤師におすすめ「OTOCON」

 

 

 

 

 

大手結婚相談所のパートナーエージェントが運営するお見合いパーティー

大手結婚相談所が運営しているので、落ち着いて信頼感が醸し出されています。
男女とも参加者が多いので、
女性が少なくフリートークに待ちぼうけを食らわされることがありません。
婚活パーティーでラチがあかない場合、結婚相談所に相談することも可能!

 

 

結婚を考えた真剣な参加者が多い

これは、以前に私が参加して感じたことですが、
他の婚活パーティーに比べ参加者の本気度が高かいです。
結婚を前提に動きたいのなら、ここに参加しておくのが間違いし!

 

 

落ち着いた雰囲気でゆっくりと会話を楽しむ事ができる

婚活パーティーはフリートークが短くあわただしさを感じる事が多いですが、
OTOCONは比較的ゆっくり話せるスタイルを採用しています。
そういった意味でもじっくり吟味でき、失敗が少ないのもおすすめできる理由です。

 

⇒ポチっと「OTOCON」

 

 

 

 

婚活パーティーがおすすめの理由

 

比較的安い金額で多くの女性と出会えるので、とてもコスパがよい
1対1で話せて、時間制限があるので無駄にダラダラすることなく時間効率もよい

 

あっさり草食系の男性薬剤師には、うってつけの出会いの場ですので、レッツトライ!