男性薬剤師はモテる?恋愛・結婚における将来性

男性薬剤師はモテる条件は揃っている。足りないのは?

「男性薬剤師はモテるのか?」と考えた場合、

 

「資格職」、「医療職」、「安定している」

 

と言う意味でモテる条件はそろっています。

 

 

女性が結婚相手に求める条件として、
以前は、「高収入」ということが良く言われましたが、
最近は少し傾向が変わってきて「安定した収入がある」という意見が増えているのです。

 

 

不況や経済の低迷が続く中、
世の女性達の考えが、
「そこそこでもいいから、安定した収入が得られる」ことに
シフトチェンジしているためです。

 

 

 

ここから考えても男性薬剤師の職業は、
モテる要素のひとつ「安定した収入」に関しては楽々クリアです!

 

 

 

しかし、収入だけでは女性の心を掴むことはできません。

 

 

 

あとはその人の中身!

 

 

どれだけ、条件がよくて外側を着飾っていても中身が伴わなければ、
残念ながらモテル男にはなれません。

 

 

 

逆に学歴も年収も自分より下なのに、女性にモテル人もたくさんいるでしょう。

 

その人たちには、あなたにはない何かがあるのです。
それは、生まれもったものでなくても後天的に必ず身につけられます。

 

 

女性にモテル薬剤師になるためには、どうすればいいかを考えてみました。

 

 

 

 

 

 

女性にモテる男性薬剤師になるには、何が足りないのか?

 

「どんな男性が好みのタイプですか?」
と女性に聞いた時の回答結果は、大体のところ次のような結果になります。

 

 

1.優しい

2.かっこいい

3.面白い

4.頭がいい

5.物知りな人

 

 

色々なところで、この類のアンケートを見たことがあると思いますが、
好きな男性のタイプを質問された女性のほとんどが、
「優しい人」と答えています。

 

 

こう言った事を聞くと「こんなことをすれば優しいって思われるかも」と、
人それぞれいろんな優しさを考えると思います。

 

 

自分の勝手な想像と解釈で、女性に優しく接しているかもしれませんが、
これでは女性に優しいと思われることは、まずありません。

 

 

そもそも、男性薬剤師は全般的に自己中心的な人は少なく、
「優しい」か「優しくない」かで考えると「優しい」と思います。

 

 

ただ、残念なことに、女性の求める「優しさ」と男性薬剤師の「優しさ」が全く違うため、
いくら優しくしているつもりでも女性の心には響かないのです。

 

 

 

結局のところ、女性が求めているものと男性が求めているものは全然違うので、
勝手な思い込みは危険です!

 

 

 

じゃあ、「どんな優しさが女性にモテる優しさなの?」と気になると思います。

 

 

 

結局のところ、女性が求めるのは目に見えて「わかりやすい優しさ」です。

 

 

 

心の中でこっそり思いやっているような「優しさ」は女性には通じませんし、
むしろ「なんか気持ち悪い…」と思われてしまう可能性もあるので、今すぐやめてください。

 

 

 

女性が求めている「わかりやすい優しさ」について、
わかりやすく書いてある本がありました。

 

 

 

それによると、女性が言う優しさは結局「うわっつらの優しさ」

 

 

 

具体的にどんなことをすればいいかと言うと、

  • 車道側を歩く
  • 電車や店に入るときは女性を先にする
  • 重い荷物を持つ
  • 店の予約をしておく
  • コートを着るのを手伝う
  • デザートをすすめる
  • 映画のチケットや切符を買い、女性は待たせておく
  • 電車や車に乗るとき、店に入るときなど女性を先にする
  • 地震が来たときなど、オーバーに守る仕草をする
  • 高いところにあるものを取る
  • 女性がトイレに行っている間に会計を済ませておく
  • エスカレーターで昇りは男が後、下りは男が先に乗る
  • レストランで椅子を引く
  • レストランで席に先に座らせ、先に注文させ、先に食べさせる。
  • 「寒くない?」と何度も聞く
  • 「大丈夫?」と何度も聞く
  • 「お腹すいてない?」と何度も聞く
  • 髪型(アクセサリー)を変えた場合すぐに気づく
  • 「綺麗だね」を連発する
  • 寒いときジャケットなどを羽織らせる
  • ホメる(特に、第3者の前でホメる)
  • メールは男が出して終わる
  • 車に乗っていて急ブレーキをかけたとき女性の腹部あたりに手を添える
  • 電車などで女性を守るための壁になる

などなど

 

 

「こんなこと恥ずかしくてできない」と思う男性も多いかもしれませんが、
これさえやっておけば、女性は優しさを感じる単純なものなのです。

 

 

また、「こんなことできない」と思い行動を起こさない男性が多いからこそ、
これをやった男性は女性からモテるようになり彼女、奥さんをゲットできるのです。

 

 

 

草食系の男性薬剤師がこれをするだけでも、
「あの人なんか変わったかも・・・」と思われると思います。

 

 

男性薬剤師は、基本ガツガツした感じがない人が多いので、
こういったことを自然にできると、かなり印象はアップするのではないでしょうか。

 

 

 

ただ、注意点としては、この女性を喜ばせる行動は、
男性に見られると「うわっ」と思われるので、気をつけましょう。

 

 

男性薬剤師が結婚相手の女性と出会うには?

 

男性薬剤師に必要なものは、「わかりやすい優しさ」アピールです。
しかし、そもそも女性と交流する場がないと
「うわっつらの優しさ」を実行することすらできません。

 

 

そもそも男性薬剤師が「彼女ができない」「結婚できない」一番の理由は、
恋愛対象となる女性との出会いがないことだと思います。

 

 

 

特に調剤薬局や病院で働いている男性薬剤師さんは絶望的なのではないでしょうか。

 

 

調剤薬局や病院は、女性が多いにもかかわらず、
男性薬剤師が、職場恋愛、職場結婚をするのはかなりのレアケースです。

 

 

 

なぜなら、女性薬剤師から見て男性薬剤師は魅力的に見えないからです。

 

 

 

女性から見た男性薬剤師の魅力は、
「手に職のある安定した仕事」「食いっぱぐれのない職種」「そこそこのお給料」です。

 

 

女性薬剤師は、それらすべてを持っているため、
男性薬剤師の武器が全く使えない相手と言っていいでしょう。

 

 

病院など医療機関で働く女性は
自分で稼げる人が多いので、男性薬剤師に魅力を感じません。

 

 

 

そのため、男性薬剤師の皆様は、
一刻も早く普通のOLや一般女性と出会える職場を探してください。

 

 

 

一番のおすすめは、製薬会社や医薬品卸、CROなどの企業などの職場です。
そういった職場では、一般女性のOLさんがたくさんいるので、
出会いもたくさんありますし、男性薬剤師の武器が大いに威力を発揮する場所なのです。

 

 

 

いきなり転職と聞くと「企業への転職なんてすぐに見つからないよ!」
と思う人がいるかもしれません。

 

 

実は今、男性薬剤師が企業へ転職するには、絶好のタイミングなのです。

 

 

結婚したい男性薬剤師が今すべきこと

 

実は最近、薬学部が6年制になってからというもの、
薬学部へ進学する男子学生の数自体が減少しています。

 

 

なぜなら、薬剤師資格を取得するのに6年も大学に通うなら、
医学部を目指すか理系の学部を卒業し大学院に行く方がいいと考える人が多いのです。

 

 

 

薬学部は授業料が高く、6年制となると高額な授業料が必要です。
それなのに、卒業後に薬剤師として働いた場合の給料はそれほど高くありません。

 

 

同じ6年制の医師や理系の大学院卒の研究職と比較して、生涯年収が見劣りするため、
薬学部に進学する男子学生が少なくなっているのです。

 

 

ごもっともな理由だと思います。

 

 

そのため、新卒の男性薬剤師が確保できない製薬会社などの企業は、
男性薬剤師を確保するため中途採用を活発に行っています。

 

 

 

男性薬剤師不足の今は、企業薬剤師へ転職する大チャンスなのです。

 

 

 

しかも、売り手市場の今なら、年収など条件面での交渉も有利な状況ですので、
少しでも早く行動を起こすことをおすすめします。

 

 

 

とは言っても、普通にインターネットなどで求人を探していても
企業の求人を見つけることは不可能です。

 

 

 

企業求人は、基本的に非公開求人です。

 

 

 

企業が求人を非公開にする理由としては、

 

@応募が殺到すると、選考に手間と時間がかかる

A他社に募集状況を知られたくない

B公開求人では、性別や年齢などの制限ができない

 

といった理由があります。

 

 

 

そのため、企業求人を探したい場合は、
薬剤師転職サイトに登録してコンサルタントに企業求人を紹介してもらうことが必要です。

 

 

 

ただし、薬剤師の転職サイトの中でも、
企業求人を取り扱っている転職サイトは限られています!

 

 

登録する転職サイト選びは間違えないようにしましょう。

 

 

 

薬剤師転職サイトの中でこの「非公開求人」が一番多いのが、
「リクナビ薬剤師」です。
かの有名な「リクルート」の薬剤師専門の転職サイト。

 

 

 

リクナビ薬剤師は、この非公開求人が全求人の75%という
他の転職サイトと比べてダントツの多さ。

 

 

 

あと、やっぱり大手転職サイトだけあって、
コンサルタントのレベルが高いっていうのが、話していてビンビン感じます。

 

 

登録して損はないサイトです。

⇒「リクナビ薬剤師」はコチラ

 

 

 

 

「いやいや、そんな急に転職できないし…」という人もいるでしょう。

 

 

 

ただ、本当に結婚したいと思うなら、今のままでは絶対ダメ。
何か行動を起こさない限り、現状が変わることは絶対にないから。

 

 

 

本気で結婚したい人は、「結婚相談所」が一番確実です。
お互い結婚したいと考えている人が集まっているし、
相手の職業や年収など、条件面が最初からわかっているので、時間の無駄がない。

 

 

 

ダラダラ付き合うことなく、ある程度の交際期間になったら、
「結婚する」か「別の人を探す」か白黒はっきりさせるので、
結婚したい人には、これほどわかりやすい話はないのです。

 

 

少々お金を払ってでも、効率と確実さを考えるとメリットがあるシステムです。

 

 

 

今の時代、結婚相談所も星の数ほどあるので、
自分に合った「結婚相談所選び」が一番重要と言ってもいいかもしれません。

 

 

 

あなたが30代なのか40代なのか
都心に住んでいるのか地方に住んでいるのか、
それによっておすすめの会社が違ってきます。

 

 

 

まずは、自分の現状にあった結婚相談所を2〜3社に絞って、
その中で料金やシステムの使いやすさを比較して、
登録する会社を決めるのがスムーズな方法です。
⇒あなたに合う結婚相談所の無料診断してみるならコチラ